長時間のPCなど、目の疲れ対策はこれで。

私は、長時間のパソコン作業や、車の運転、読書など自分でも非常に目に大きな負担をかけているのがわかります。
絶えず目が乾燥しています。疲労しています。目の痛みや重く感じるといった症状が出ています。そこから頭痛の症状もあります。

1時間に10分程度の休憩をとって目を休めるようにしましょうといいますが、なかなか取れません。簡単ストレッチくらいはしますけどね。あとサプリを飲んでいます。

実践していること

そこで、何をしているのかというと、やはり一番は疲れ目改善ストレッチです。
まぶたを閉じて、その後パッと大きく開く。この繰り返しです。疲れ目がひどい時には、これらの動作を1セットとして数回くり返しています。まばたきをすることで乾燥を防げるのです。
また、簡単に目の疲れを取る方法として温アイマスクをしています。
目の疲れが特にひどいと感じる時は、温アイマスク(市販)をして、血行を良くしてあげることをしています。疲れ目の解消としては一番手っ取り早い方法です。目の周りの交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあり、これを血行を良くすることでリラックス効果も高めます。
それが終わったら、夜にはツボ・マッサージです。
目のまわりのツボを圧力刺激するマッサージをすることで、目だけではなく頭や首、肩などもスッキリするので、頻繁に行っています。
こめかみに中指と薬指をあて、円を描くように押し回しをする事が効き目がありますね。
このように簡単にできるストレッチやセルフケアで、目の疲れを取ることを心掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です